レア・セドゥ

レア・セドゥ

マドレーヌ・スワン

レア・セドゥが初めて演劇のクラスを受講したのは12歳の時です。2008年の映画『美しいひと』の出演以降、瞬く間に国際的女優の道を駆け上がっていきました。クエンティン・タランティーノ監督の映画『イングロリアス・バスターズ』でブラッド・ピットとの共演を果たすと、『ロビン・フッド』ではラッセル・クロウと共演、『ミッドナイト・イン・パリ』や『ミッション:インポッシブル/ゴーストプロトコル』に出演しました。『007 スペクター』ではマドレーヌ・スワンを演じます。今後は『The Lobster(原題)』などに出演予定です。セドゥはセザール賞に2度ノミネートされたほか、2013年のカンヌ国際映画祭では『アデル、ブルーは熱い色』で、共演のアデル・エグザルホプロスと共に史上初のパルム・ドール共同受賞を果たしました。